空き家問題の原因を解決するために

対策をして改善する

空き家問題を解決するためにも、国が率先して法律を改正するなどして対策をしなければいけません。特に地方では限られた財源の中で空き家問題の対策が進んでいない現実があります。そのような状況の中で国では「空き家対策特別措置法」が施工されてから、国と地方の自治体が協力し合って問題解決にむけて動きが活発になっています。

この施工された空き家対策特別措置法では、特に問題となる可能性がある危険度が高い空き家を「特定空家等」に指定することができるようになりました。この指定を受けた空き家は、自己負担で早急に対策をしなければいけなくなりました。そうしなければ行政から強制的に対処や除去などを求められてしまいます。さらに固定資産税の特例処置も無くなって、結果的に税金の負担が増えてしまいます。

このように国でも地方の自治体と連携しながら空き家の問題と向き合っています。全国規模でこの問題を早急に解決しなければ周辺への悪影響が出てしまったり、犯罪が増加してしまう危険性もあります。そうなる前に問題を解決して、事件や事故に発展しないように対策をしなければいけません。そうすることで空き家問題自体を解決へ導くことができますし、問題を未然に防ぐこともできます。